スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵卒物語 02)ンェグ

2011.04.06 16:49|小説 『兵卒物語』

私たちはリザードマンと呼ばれている。

私たちはその姿から、好戦的な種族と思われがちだが、実はそうではない。
外敵から村を守るために武器をとることはあっても、好んで侵略をすることはない。
それは私たちの村の環境が、至高のものであり、領土を増やす必要がないのだ。

たしかに私たちの中でも、武術に優れるものは傭兵として各国を渡り歩く猛者もいる。
だがそれはどの種族にもいるマイノリティであって、他のほとんどは平和に一生を終えたいと
考えているのだ。

ヤツが私の村に現れたのは去年の収穫祭の直前だった。
唐突に村の中央に現れたヤツのその風体は不吉な予感を漂わせていた。
まだ暑さの残る南国のこの時期に、真黒なコートですっぽり体を覆い、
赤いその目だけが異様に輝いていた。
そしてヤツは右手を静かに上げた。
次の瞬間、闇が村中を覆ったかと思うと、村の女子供は消えていた。
人質をとられた私たちは、ヤツに従うしかなかった。

「闇の疾風」という魔法がある。体を闇の風が覆うのだ。
ヤツはそれを私と仲間にかけた。凄く速く動ける。人間の視覚では捉えられない。
ただしこちらも皮膚を魔法の風によって徐々に切り刻まれる。どんな人間でも
1分持たない。私たちの鱗はそれを1時間耐えることができる。

先の戦いで、私たちはこの魔法により敵の王のいる本陣奥深くまで侵入した。
「王を倒せばこの戦いは終わる。そうすればまた村に帰ることができる」
ヤツの言葉に踊らされているだけなのかもしれないが、村を守るため、妻と子供を守る
ためには、戦うしかない。

王と王子、それに彼らを守る騎士たちは勇敢だった。本陣にいた彼らは総勢40人ほどだ。
対する私たちは100名で、しかも敵から姿は見えていない。
異変を感じて彼らの仲間が駆け付けるまでの数分で勝負をつけなければならない。
一方的な殺戮だと思われたその戦いが均衡したのは、王の統率力と騎士たちの技量がずば
抜けていたからだ。大テントの中に、立っている敵が王と王子だけになった時、私たちも
半数に減っていた。王も王子も立っているのが不思議なくらい何箇所も深い傷を負っている。
いくつかは致命傷だろう。私たちは闇の風に導かれ自陣に戻った。

「これで帰ることができる」みなが安堵の声を漏らした。

魔法の風で自慢の鱗はボロボロになったが、ようやく長い戦いにピリオドを打てた。
そう思っていた。

「まだ終わっていはいない」

ヤツがそういった時、斃すべきはヤツではないかとの誘惑にも似た感情が沸きあがった。

「まだ姫がいる。放っておけば即位して女王陛下になろう。今のうちに根を絶やしておく」

…ヤツははたしてこの戦いが終わった時、妻や子供たちを解放してくれるのか…
だがもう私たちに選択の余地はない。戦うしかない。
戦って勝つしか…

まもなく攻城戦が始まった。
王を失った敵の士気は高くなく、先の戦で主力を失い、今鎧を纏っているのは老人か
まだ年若い子供だ。それを感情を殺してなぎ倒す。
私たちも無傷なものなどおらず、多くは命にかかわるような怪我を負っていた。
「ンェグ、俺を喰らえ。お前とともに…」
息絶えた仲間の肉を一口飲み込む。お前を村につれて帰ってやる。

そしてついに敵の姫を王宮の奥へ追い詰めた。
魔法の結界で固められた扉を、ヤツがさらなる魔法で蹴破り、私たちは最後の戦いの間に
突入した。が、そこには敵の魔導師が一人いるだけだ。

「久しいな、ガズー」どうやらヤツの知り合いらしい。。
ヤツと旧知の敵魔導師は、寒々しい、静かでどこまでも深い目で、だた黙ってヤツを
見つめていた。そして唐突に二人が呪文を唱え始め、目に見えない魔法の圧力が
広間中に充満した。次の瞬間、無数の光の矢が敵魔導師の体に突き立つ…と「ムゥ」
ヤツが慌てる。ガズーと呼ばれたその敵魔導師の体からいきなり炎が溢れ…大爆発した。

爆風で私は別のフロアに吹き飛ばされた。そこは地下通路のようだ。
起き上がると目の前に3人の少年が槍を構えている。向かってきた。いい勇気だ。
曲刀で捌く。なかなかのコンビネーションだ。粗削りだが筋はいい。だが…

バズッ 

一番大きい少年を槍ごと袈裟切りにし、返す刀でリーダーの少年の足を裂く…が浅い。
その時その少年が何かを叫んでいた。異国の言葉で意味はわからないが
何となく理解できる。彼らも護るべきものがあり、それに命を懸けているのだと。

同じではないか。彼らも。この私も。

瞬間的に隙ができたようだ。リーダーが脇からしがみつき、私の傷ついたわき腹を
露出させる。爪で彼を引き裂くが、その隙に鱗の隙間から槍の穂先が潜り込んできた。
小柄な少年だ。これはさすがに致命傷だ。

どうやらここが私の終着点だ。
私は家族を守れたのだろうか…彼らは彼らの護るべきものを護れたのだろうか…
ああこれで…戦わずにすむな…

静かに闇が降りてきた。

兵卒物語 01)ジン

2011.04.06 16:48|小説 『兵卒物語』
「姫、お怪我はありませんか」 宮廷魔導師のひとりが姫に寄り添う。
「はい、大丈夫です。」 気丈に答える姫だが、明らかに顔色が悪い。
そんなに遠くない場所で、鋼の叩き合う音が響く。煙と、血と、汚物の匂いで頭がくらくらする。敵は、トカゲの化け物みたいな戦士を前線に出してきて、俺ら兵士は3人でヤツ1匹と戦うんだが、こいつが堅い。俺らみたいな一兵卒が、伝説の名剣とか持っているわけもなく、一応銘入りの槍を振るうのだが、浅い傷を負わせるだけで、特に効いているようにも見えない。その内に騎士団が、魔法剣でそのトカゲの首を斬るのだが、まぁ、俺らは騎士団がとどめを刺すまでの時間稼ぎを命懸けでしているわけだ。

それにしても、城のこんな奥深くまで敵を潜入させてしまって、この王国は大丈夫なのか?先の戦いで王と王子が重傷を負われたって聞いたし、もしかしたらもう死んでるって噂も流れ始めてる。

「ジン、もしかしてこれ負け戦じゃない」エダムが小声で言う。
「かもな」ここまで攻め込まれたのは初めてだし、不安が募る。
「王国の翼」と讃えられ12人いた伝説の騎士達も今生きているのは3人だ。
「大丈夫だ!我らにはガズー様がおられる」生真面目なジェイが本心から言う。

確かに、王国の翼の魔導師ガズー様は、海を割って道を造ったとか、千もの敵兵を大雷で炭にしたとか言う類の伝説は百もある。だが今回の敵はそのガズー様の師なんだ。弟子が師匠に勝てるのか。篭絡されているのではないのか。噂は噂をよび、先の戦いに王はガズー様を連れて行かなかった。…そして戦は大敗。9人もの王国の翼を失い、王と王子も…

で今、城に拠って戦っているわけだが、この篭城戦も先行きは暗そうだ。

俺とエダムとジェイは戦争孤児で、城の施設で育った。
戦争孤児は、戦地に行くのは免除されるが、もうこの場所が戦場なんだから仕方がない。武器の扱いや剣術の類は施設で叩き込まれている。

実際俺は死ぬつもりは全くない。まだ17歳だし全然人生を楽しめてない。機をみて逃げようと思ってる。だって死ぬのは怖いし、痛そうだ。

「私の魔力はそれほど残ってはおりませぬ」擦れた声が、魔導師のマントの中で発せられた。
「私は最期の時までここにいます。ガズー」姫の凛とした声。
「魔法で飛ぶと察知されます。地下通路を通って国外へ逃れなさい」
「いやです。ここで皆と戦います」
「お赦しください」魔導師は姫を魔法で眠らせ、騎士に合図し、姫に背をむけた。
そして王の広間の扉を守る俺たちのところに来て、
「お前たちも女王陛下とともに行きなさい」黒マントの奥でガズー様の声が響く。

チャンスだと俺は思った。姫様とこの城の外に出られたら、北の森あたりで不自然でなくはぐれることが出来る。

そう考えている最中、広間の大扉に衝撃が走った。ぐぁつぅん
木でできているこの仕切りを、敵の兵器から守っているのはガズー様の魔法だ。
両手を前にかざし、敵の圧力を跳ね返すようなしぐさで、だが着実に生命を削られていくその様を俺らは真横でただ呆然と見ていた。敵の魔法の圧力がガズー様のフードを後ろへ飛ばした。

「なにをしている!早く女王陛下と共に落ちのびよ」

女の人だ。ガズー様っておばさんだったんだ。思えば今初めてガズー様のお顔を見た。と思っていた。だがすぐ思い出した。フードの下から現れた顔は、3人のよく知っている人だった。

俺らがまだガキの頃、施設に小さな女の子を連れて、お菓子を山ほど持ってきてくれたおばさん。月1回は施設に現れて、その子と俺たちを一緒に遊ばせて、たくさんお話や歌を教えてくれた人。いつの頃からかぱったり来なくなって、3人でたくさん泣いた。その人が目の前にいる。

「なにを してい る お前たち の姫を ま もれ」

あの子は姫だったのか!? そうか…魔法で顔を…

「おいエダム、ジェイ、姫様と一緒にいけ。俺は残る」何してんだ、俺…
「ばかジン!俺たち3人一緒だって」半泣きエダム。
「そうだよ。行くも一緒、残るも一緒」必死で笑おうとしているジェイ。

そんな俺らを脇目に見ていたガズー様が、ふと笑った気がした。次の瞬間、地下通路に転送された。そして入口を魔法で塞いだ。瞬きするくらいの時間だ。だが確かに聞こえた。ガズー様が最後に言った。「あのこを」

呆けていた時間は、数秒だったと思う。いきなりガズー様の結界を突破して地下通路の入口へ進入してきたトカゲ頭が1匹。

さてさて、姫様一行はかなり先に逃げている。
俺らはどうする?

「しゃーないね。俺らは俺らの姫さんを守るかぁ」「だな」「ふむ」

ガズー様。彼女がこの国の陛下だとかあなたの娘だとか、そんなことは関係ない。
俺らは、幼い頃一緒に遊んだ俺らの姫を悪いやつらから遠ざける。
たとえ力及ばなくても。

3人は槍の穂先を重ねて、チンと鳴らした。
03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

どーしま(ディー)

Author:どーしま(ディー)
堂島匠(ディー)の綴る他愛無い話で構成する自作小説と詩のブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。