スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月自作/ 課題:桜 『長崎より出でてばーじにあに立つ』

2011.04.07 22:20|小説 『課題作品』
ローザと出会ったのは俺がまだ20歳の時だ。
長崎の商館で彼女はまだ14歳の小娘で、その少女の一家は新大陸からの来訪者だった。

俺は商館に出入りする商人の息子で、世間では8代将軍の徳川なにがしさんが
享保の改革を推し進め、その恩恵でウチの仕事の洋書輸入が活発になってきた。
そんな中、ながらく家同士でお付き合いしていたのがローザ家だ。ローザの父親は
宣教師だったが、貿易商として入国していた。ウチの曾爺さんは半世紀以上も前に
ローザ家の船に乗り込み、彼女の家の庭に日本の桜の木を植えてからの付き合い
らしい。もう亡くなっているので真偽のほどは定かではないけれど、ローザに
よれば確かに桜の木はあるらしい。


俺は、14歳にして5ヶ国語を話すローザに夢中になった。もちろん容姿も含めて。
5尺に満たない背丈。淡い金色の長い髪。夏の木漏れ日のようなキラキラした瞳、
細く長いそれでいて力強い脚、白粉を塗った女性よりもさら白く絹のように滑らかな肌。

ある日ローザが床に広げた大きな布には、繊細で質感のある絵が描かれていた。
高い山々が描かれていたり、どこまでも続く砂の大地や、青い海、その上に
散らばる小さな島々…それは、この世界の地図だという。
「私が住んでるのはね、ここ」
彼女は地図の中心にデンと据えられた大きな大陸の、右端の海に近い場所を指す。
「ふうむ」俺はわかったようなわからないような返事をして
「では、この長崎はどこで、この日の本の国はどこなのだ」
「朗馬の国はね…ここ」
それはまぁ、なんと儚げな、大海の波打ち際でひっそり泳ぐ小魚のような土地だ。
「…ま、まことか」
長崎はこんなに小さく、世界はこんなに大きいのか。
「遠いな…」ぽつりとつぶやく俺の言葉を拾い、
「私のお家から朗馬の国まで、2年以上かかったもの」
平然と恐ろしい事を言うローザ。世界とはなんと広いのだ。
長崎から堺までの船旅しか経験のない俺は、その約100倍もの長い時間を船の
中で過ごさなければならない過酷な工程を想像し身震いした

「私ね、この国では長崎が一番好き。素直で、清廉で、でもちゃんと芯があって。
その中でも朗馬は飛び抜けて特別だよ。あなたは私史上一番の人」
冬の終わりの日、わずか14歳の娘っ子にそんな告白をされて、俺は舞い上がる
よりも来月に迫ったローザ家の帰国の後の喪失感を想像してしまい、まさか自分
の中でこれほどローザの存在が大きくなっているとは…ほとんど恐怖と言って
いい想いにただ愕然とするばかりだった。

別れの日、俺は港に行く勇気がなく、場末の酒場で飲んだくれていた。
その前日、ローザとは最後の言葉を交わしていた。
「私の航海はこれが最初で最後。もう我侭は言えないわ。ホントは女の子なんて
船に同乗してはいけないの。でも私はあの桜の母国が見たかった。だから言葉を
覚えて役に立つってパパに売り込んだの」そう話すローザの言葉を、俺は霞の
むこうの囁きのように聞いていた。最後なんだ。明日で最後なんだ……
呆ける俺の向かい側で、ローザは突然立ち上がり
「はい!ここでクエスチョン、朗馬」キョトンとする俺
「私がこの世で一番大切にしている言葉は何?」
「な、なに?…愛?」
「ブーーッ 答えはウチの桜の木に彫ってあります。じゃあね朗馬、楽しかったよ」
言うが早いか駆け出して行ったローザを、俺は追えなかった。
追えない自分が情けなかった。

そして今日、遠くで出航の鐘が鳴り、桜の花びらが春風に乗って海の向こうに消えて
いった。
それから10年の歳月が経ったが、あれ以来ローザ家が長崎を訪れることはなかった。


そして30歳になってもまだ俺は独り身だ。
忘れられない想いと言うより忘れたくないのだ。
だったらなぜあの時追いかけなかったのか、自問自答の10年。
そしてついに家を飛び出した。

それから9年の歳月をかけ、あの時見せられた世界地図の記憶だけを頼りに
ようやくアメリカ大陸東海岸に上陸、18世紀はじめのバージニア州に足を
踏み入れた。
そして一冬かけてフレデリックスバーグ中の農園を一軒一軒調べて、やっと
ローザの住む家を見つけた時はもう、日本を出てから10回目の春になっていた。

その丘には確かに、樹齢100年近い桜の木が1本、凛として立っていた。
俺はそっとその木に近づき、愛おしく樹肌を撫でた。ふと、指先に引っかかりを
感じて手をとめよくみると、文字が彫られていた。

「あら、ひさしぶりね」

その時、後ろから懐かしい声がした。大人の女性の声だが、わかる。
だがその挨拶はないだろう?20年ぶりだぞ。大変だったんだぞ。
でもいまは振り向けない。顔がドロドロだし、涙でくしゃくしゃだ。
風呂も2ヶ月くらい入ってないし。少し身なりは整えたかった。
そんな理由で逡巡していると、背中に両手が当てられた。
そしてローザの高い鼻が背中にあたる感触がした。


舞い落ちる桜の花びらがゆっくりと時間を巻き戻しはじめた。




スポンサーサイト

3月自作/ひな祭り 『おひなさまと魔法の文字』

2011.04.06 16:44|小説 『課題作品』
「あんたの母さんは、早うに結婚させられてな。心に想っとった人もおったろうに」
母は、嵯峨野の良家の長女で、学者だった父とは何度目かのお見合いで知り合い結婚したのだと、何かの折に叔母から聞いた。
「そういう時代やってな。16歳とかは普通やったわ。私は行き遅れたけどな」
そういう叔母も24歳で結婚している。

早婚が原因なのか、私が子供のころ、母はいつも超然とした、悪く言えば世間に無関心な、なにかを諦めたような人だった。数学者だった年の離れた夫である私の父は父で、興味ある数式ほどには家族に関心がなかった。

だが母は私をよく叱った。食事の時に話をするとはしたないと叱られ、寝る前に本を読んでとせがんでも早く寝なさいと叱られ、幼稚園でのお遊戯の話をするとしっかりお勉強しなさいと叱られた。
今思うと、厳しいというのではなく、私を叱ることで家族という繋がりを保とうといていたのかもしれない。でも子供の私にそんなことが理解できるはずもなく、話しかけると怒られているような気がして、だから一人娘の私は、家ではいつもぽーっとして空想に浸って遊んでいた。

そんなある日、祖母が実家から大きな荷物と一緒にやってきた。
桐の箱に入ったそれは、祖母の時代からある雛人形だった。

それほど広くなかった家の中に、6歳だった私の貴重な遊び場の和室に大きな雛段のスチール枠が組み立てられて、緋毛氈の敷かれたその様は、小さな私を圧迫しているようで嫌だった。なにか古めかしい、ちょっと鼻につく臭いが部屋にこもって、そんな中で遊ぶのも嫌だった。なによりお雛様のお顔が怖かった。下から見上げると白く、無表情で細く切れ長の目が、怒った時の母に似て怖かった。
そんなお雛様が一番上からいつも私が悪さをしないか見張られているようで、嫌だった。

唯一私がお友達になれたのは、五人囃子の笛の子。多分目を瞑っていたからだと思うけど、彼だけ怖くなかった。だから私は彼とお喋りをして、その他の人形のことを知った。雛様は官女の左の子が嫌いで、実は右大臣が好きなんだとか、大鼓と小鼓の子はいじわるな兄弟だとか、牛は本当はネズミで、妖精に魔法をかけられて牛車を引っ張ってるんだとか、笛の子が私に教えてくれるのだ。

ある日、笛の子が
「あいつら喧嘩してんだって。今日は一段とそっぽ向いてるし」
って話しかけてきて、見るとホントにお内裏様とお雛様の首が左右にそっぽを向いていた。
「ホントは仲いいんだけどな。雛がまだ子供だからすぐには仲直り出来ないんだ」
あなたも子供じゃない。私は笛の子につっこみかけたけど、気を取り直してもう一度上の段を見た。たしかに二人とも外を向いている。お雛様なんていつも怖い顔なのに今日はちょっと悲しそうだ。

意を決して私は雛段を登っていく。

そろりそろり。4段目まで来た。もう手が届く。
男雛の方から顔の位置を直す。ゆっくりゆっくり。出来た。
次はお雛様、あなたです。
大丈夫。私が来たから大丈夫。雛の体をおさえて頭に手をかけた時…

ズルッ 4段目の緋毛氈がズレた。私はバランスを崩して…ガシャーン!

首の抜けたお雛様が床に転がる。
コロコロコロ…頭の方は廊下にまで飛んで、音を聞いて飛んできた母のつま先に当たった。

呆れと、怒りと、心配とが入り混じった、当時の母にしてはちょっと珍しい顔をして、私を見、怪我がないのを確かめて、足元に転がったお雛様の首を拾った。

その時の母の顔を、私は一生忘れない。

本当に人形のようだった何事も無関心な母の目が、まるで命が吹き込まれていくように潤み、涙があふれ、ペタンと床に座り込み、子供のようにウェッ、ウェッ、と泣き始めた。

最初、私が雛段を崩した事が悲しくて母は泣いているのかと思って、私も一緒になってウェッ、ウェッと泣いた。
そんな私を母は優しく抱きよせ「ゴメンね、花桜ちゃんゴメンね」と泣きながら何度も何度も謝っていた。私は何の事かわからないけど、母に初めて優しくされた事に興奮して一緒になって泣き続けた。

しばらくそうしていると、母がお雛様の首芯(体に挿す部分)を見つめているのがわかった。そこには墨で何か文字が書かれていた。私には何が書いてあるのかはわからなかったけど、その文字を見て母の顔が優しくなったのはわかった。

あたりが薄暗くなるまで、母に抱きしめられていた。そして

「さ、パパが帰ってくるまでに片づけちゃおう」

とにこやかに言って、雛人形を祖母が持ってきたとおりにふたりで桐の箱に片付けた。それからの母は魔法がかかった、いや魔法がとけたようによく笑い、よく話す人になった。

あれから20年。
私も当時の母の年齢になった。
隣には3歳の娘。いろいろあって今はシングルマザー。

そして目の前には、あの桐の箱がある。

2月自作/キス 「いてらチュウ」

2011.02.13 18:07|小説 『課題作品』
人前でキスなんて出来ないじゃないですか。欧米人じゃあるまいし。

ドラマとか映画の中では、例えば新幹線のホームでとか、空港の出国ロビーとか、観てる時は違和感ないんだけども、いざ自分がって時には、他人が一人でも視界にいる状態で彼女とキスが出来るかというと、全く自信がない。というかほぼ実績がない。
 
もともと恥かしがり屋の僕。結婚式の2次会での盛り上がりの中ですら人前でキスは出来ず、場を白けさせてしまった。正直に言うと、教会での誓いのキスですら実は0.01秒の早業で新婦を筆頭に、神父さんを含めギャラリーの皆さまを落胆させた。先ほど「ほぼ実績がない」といった「ほぼ」は0.01秒なんだ。

妻は制作会社で働くエディターで、僕は広告代理店の制作。
4年前にあるイベント企画で合同作業することになり、そこで知り合って意気投合。1年後、ある取材で猫が処分されそうになってて、つい「私飼います」と手を上げた彼女だったが、自分のアパートでは飼えそうになく、僕のマンションに猫共々転がり込んできた次第。
現在二人とも30歳。子供はまだ。

妻が不調を訴えていたのは半年も前なんだけど、忙しさにかまけて病院もいかずに、ついに先日会社の階段で倒れた。その時足を折って全治2ヶ月の重症で入院したんだけども、実は怪我なんて大したことなかったんだ。

毎朝、出勤前にちょっとだけ妻の様子を見に行く。
「・・・じゃあ、そろそろ会社行くわ」
「あ、うん。じゃ、ん!ん!」 唇を…
「ん?…て、な、なに?」  まさか!?
「いってらっしゃいのチューでしょ、ほらほら」
んなこと今までしてませんよぉ。
「バ、バカ…み、皆さんおられるでしょ!」
 4人部屋の病室です。他3人はご老人ですが。
「退院したら子作りしよね!」 またまたそんなことを…

しばらくしたある日、担当医によばれた。そこにはいつもと違う別の医者がもう一人いた。その医者から見せられた別部位のレントゲン写真と丁寧な病状説明は、妻の残りの命がそう長くないことを素人の僕にも理解させるのには充分すぎるほどだった。

頭が真っ白になった。

「先生何の用だったの?」
病室に戻ると、ベッドの中で妻の心配そうな顔
「ああ、きみのPCのキー叩く音、少し静かにって注意されたよ。
それと調子よければ来週から数日なら一時帰宅できるって」
 うそをつく。
「ほんとー?よかったー」うれしそうな妻
「ミラ心配だったんだ~。寂しがってるかなぁ…」
ミラとは結婚のきっかけを作った猫だ。3歳になる雌の雑種。
「…残念ながらキミがいなくてノビノビしてるよ。」 

煙草を吸いに行った外科病棟の喫煙スペースで、ゴシップおばちゃん患者さん達に捕まる。
「あんちゃん、先生に呼ばれとったな」 
「なんやったん?…まさか、奥さん…」 ビクッ
「オメデタかいな!」
「妊婦が階段から落ちたらあかんやろ」 …好き勝手いってる…

オメデタという言葉で、いきなり現実に引き戻された。
つい先日、妻に「退院したら子作りしよ」って言われた。

津波のように、いろんな思いが、次から次から溢れ出て…
気がついたら病院のロビーで、突っ立ったまま泣いていた。

涙が止まらない。ヒトノカラダノ60%はスイブンデス。涸れてしまえー。

まったく記憶にないんだけども、どうやら一度家に帰ったようだ。
タクシーで移動しているとき、横に猫用のキャリングケースがあり、中でミラが寝ていた。タクシーが止まった場所は、妻の入院している病院だ。

もちろんホントは絶対ダメなんだけど、病室に猫を連れて行った。たまたま看護師とも出会わず注意されることもなかった。

「あれ、どーしたの?忘れ物?」 ノーテンキに妻。
「ミラがきみに会いたいって」
 一応カーテンを閉めて、ベッドの上にミラを置く。
「(あぁ~)」 小声の歓声 
「だめなのに~見つかったら怒られるよ」…いいんだよ
ミラは平然と妻にゴロゴロいいながら顔を摺り寄せる。そしてまるで全てを了解しているように、二人の間で丸くなり、「ナオッ」って一声鳴いてただじっと僕を待っていた。

「うん、忘れ物取りに来た」 
「え、なに?鞄忘れちゃった?どんく…」

妻が喋ってる最中に、頭と腰に手を回して、キスをした。結婚式の千倍長いキスだ。

誰が見てようが、喫煙スペースのゴシップになろうがかまうもんか。僕は妻を愛している。

「いってきます。…ミラ行くよ」 ミラは物知り顔でおとなしくキャリングケースに入る。
「あ、いってらっしゃい」 ほんのり頬を赤らめる妻。

もう泣かない。これから僕たちの戦いが始まるんだ。今夜妻と話をしよう。きっとキミは泣いちゃうだろう。だから僕が元気づけなきゃいけない。泣いてなんかいられないんだ。自宅に向かうタクシーの中で僕はそう誓った。

隣でミラが僕を心配そうに見つめていた。
03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

どーしま(ディー)

Author:どーしま(ディー)
堂島匠(ディー)の綴る他愛無い話で構成する自作小説と詩のブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。